更年期はいつから始まる?どんな症状?

 

女性であれば誰でも1度は通ると言われる更年期。

 

初潮を迎えた時、これがいつか終わる日が来るなんて想像もできなかったはずです。

 

しかし女性の体とは年齢に応じたステージがあり、本人の意思や希望などお構いなしに自然の摂理に沿って変化していくものなのです。

 

日本人女性の閉経平均年齢は約50歳です。

 

その前後数年間を更年期、ホルモンバランスが不安定になることによって起こる様々な不快な症状のことを更年期障害と呼んでいます。

 

「生理不順」「性交痛」「頭痛」「肩こり」「不眠」「疲労感」など病院にかかって治療をするほどではないものの、辛く不快な症状が現れます。

 

急に体がカーっと熱くなり火照ったり、汗をドッとかいたりするような症状をホットフラッシュと言い、これも更年期障害の典型的な症状の一つです。

 

また、自律神経の乱れから精神的に不安定になることも多く、いわゆる不定愁訴と呼ばれる症状に悩まされる人もいます。

 

症状の現れ方には個人差がある

女性なら誰でも一度は通らなければならない更年期ですが、症状の現れ方にはかなり個人差があります。

 

ほとんど何も変化を感じないまま過ごす人もいれば、40歳を迎える前から何となく不快な症状が現れ始める人もいます。

 

最近では若年性更年期障害といって、20〜30代の若い女性に「生理不順」「動悸」「めまい」「イライラ」「不安感」など更年期障害と似た症状が現れるケースも増えています。

 

このような症状は女性ホルモンによるもので、女性の健康やライフスタイルは女性ホルモンにコントロールされているといっても言い過ぎではないのです。

 

すっぽん小町が更年期に効く理由とは?

すっぽん小町は女性の美しさをサポートするサプリメントですが、飲み続けることによって更年期障害の症状が緩和されたという人がたくさんいます。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、特にエストロゲンは新陳代謝を促し、女性の美しさを支える成分として知られています。

 

エストロゲンの分泌量は40歳頃から減少し始め、更年期にさしかかると20代の頃の半分くらいにまで減ってしまいます。

 

すっぽん小町に含まれるアミノ酸の一種であるロイシンはエストロゲンの分泌を促す効果があるため、更年期障害に効果があると言われています。

 

また、良質のコラーゲンやタンパク質が体の代謝を促すことで血流が良くなり、冷え症や血行不良が改善されることもすっぽん小町が更年期に効く理由の一つでしょう。

 

関連ページ

すっぽん小町に含まれるアミノ酸の重要性

すっぽん小町はコラーゲンサプリの代表格

すっぽん小町でイライラする気持ちを晴れやかに!

TOPページでは『すっぽん小町』について紹介しています。すっぽん小町の口コミ・体験談・評価・特典付き最安値の購入方法などお得な情報を掲載しています。購入前の疑問に少しでもお役に立てれば幸いです。