もしかして私って不妊症なの…?

近年では不妊に悩むカップルが増えている傾向にあり、ある統計によると結婚した夫婦の6組に1組はなかなか赤ちゃんを授からなくて悩んでいるともいわれます。

 

「もしかして私、不妊症かもしれない…」と人知れず悩んでいる人が身近にいるかもしれません。

 

不妊とはとてもナイーブな問題のため、あまり大っぴらに語られることはありませんが、当事者にとっては頭がそのことでいっぱいになってしまうような人生の一大事です。

 

不妊症の定義とは「避妊を行わず一般的な性生活を行っているにもかかわらず1年以上赤ちゃんを授かることができない状態」を指します。

 

少し前までは2年以上経っても授からない場合でしたが、2015年に日本産婦人科学会によって期間が1年間に短縮され、不妊症にあてはまる夫婦の数が増えたものと思われます。

 

不妊症を心配する前に確認しておきたいこと

赤ちゃんが欲しくて妊活に励んでいるのになかなか授からないと、もしかして不妊症なのかもしれない…とどんどん不安が高まってしまいます。

 

もし35歳を超えている場合は、できるだけ早い受診が推奨されますが、その前に実践できているかどうか確認しておくべきポイントがいくつかあります。

 

それは「栄養バランスのとれた食生活」「適度な運動」「質の良い睡眠」の3点です。

 

これらは妊活の基本的なポイントとされていますが、実際には妊活に限らず全ての人に当てはまる健康のための基本確認事項です。

 

もしかして不妊症…?と心配する前に、こうした基本的な生活習慣が整っているのか?

 

もし出来ていないようであれば改善する努力をしてみましょう。

 

すっぽん小町は赤ちゃんを運ぶコウノトリ?

すっぽん小町を飲んでいたら赤ちゃんを授かったという喜びの声を聞いて「え?!どうして?」と不思議に思う人も多いのではないかと思います。

 

すっぽん小町が妊活に有効と言われるのはその栄養成分に理由があります。

 

それはすっぽんの豊富なアミノ酸です。

 

アミノ酸は健康な体を形作るためには欠かせないタンパク質のもとになる成分です。

 

良質のたんぱく質をしっかりと摂ることは妊活の大切なポイントです。

 

それに、血液をサラサラにして血の巡りを良くしてくれるEPAやDHAなどの働きも重要です。

 

血液が体の隅々までスムーズに流れることは冷え症の解消につながり、妊娠しやすい体を作ります。

 

さらに、アミノ酸の一種であるロイシンは妊娠を助けるエストロゲン値を高める働きがあります。

 

すっぽん小町の力を借りながら、「基礎体温を測り体のリズムをつかむ」「規則正しい生活を送る」「適度な運動で体力をつける」など地道な努力の積み重ねが妊娠しやすい体を作ることにつながります。

 

関連ページ

すっぽん小町の成分を徹底チェック!

TOPページでは『すっぽん小町』について紹介しています。すっぽん小町の口コミ・体験談・評価・特典付き最安値の購入方法などお得な情報を掲載しています。購入前の疑問に少しでもお役に立てれば幸いです。